年齢とともにバストの下垂やしぼみに悩んでいる人は多いと思います。

人間のからだの仕組みから考えても、ある程度の「劣化」は仕方がないこと。

 

ただ、そこで諦めてしまったせいで、自分に自信がなくなったり、若いころのように人生を楽しめなくなってしまうのはもったいないですよね。

そこで、ここでは年齢とともに下垂ししぼんできたバストに自信を失いつつあるアラフォーアラフィフの女性ができる適切なバストケアをご紹介します。

 

ケア次第でバストはハリを取り戻せるんですよ!

 

姿勢や筋肉が大事

きれいな姿勢をとることで胸(バスト)アップができるということを常に思い出してください。

 

前傾姿勢の傾向にある人はどうしても胸が目立ちにくくなりますし、成長に大切な血のめぐりを抑制してしまうため、胸の成長に限界を作っています。正しい姿勢を続けたくても、それを保ち続ける筋力がないといけません。

 

しかし、今の自分にその筋力がついてないと、きれいなバストラインをつくることができないでしょう。

 

大変なのは最初だけと思って、正しい姿勢が習慣になるように心がけてください。

 

食事でのケアも重要

バストアップに有効な食品と聞くと、大豆製品や鶏肉、キャベツを連想する人が多いと思いますが、それを信じてひたすら食べたとしても胸の成長が約束されたわけではないのです。偏った食生活になってしまうと、促そうとしたはずのバストの成長が効果が表れにくくなってしまうので、栄養が偏らないように色々なものを食べるようにしましょう

 

加えて、栄養を胸まで行き渡らせるため、血の巡りを良くすることも成長には欠かせません。

 

バストアップサプリやクリームも併用して

女性が気になるバストアップサプリが実際に効果的かというと、胸が大きくなったと感じる方が多いです。

 

バストアップ効果をもたらす女性ホルモンの分泌促進作用のある成分がサプリメントに詰込まれていますから、飲むと体の内側から気になるバストを育てることができるでしょう。しかしながら、女性ホルモンが過剰となり、生理周期に変化が現れることもあるということを付け加えておきます。サプリを摂取する量だけでなくタイミングも気をつけてサプリを使用してください。

 

バストをアップさせるクリームには女性ホルモンを多く出させる成分が含まれていて、胸を豊かにする効果が期待できるでしょう。ただバストアップクリームを塗るだけで無く、優しくマッサージして内部へ浸透しやすくする方が効果としてより実感できるのではないでしょうか。というものの、あっというまに胸が育つのではないのです。

 

余裕があるときはエステでバストケア

胸のカップ数を上げたい場合、エステという手段があります。エスティシャンによる施術を受けるとこれまで以上に形の良い、きれいな胸を手に入れることができます。

 

一度だけでなく、続けて行うことで、形などが整うだけでなく、胸自体も大きくなることもあります。ですが、金銭面での悩みもありますし、整形とも異なりますので、努力と保つための意識が必要で、せっかく大きくなった胸は元に戻ってしまいます。バストアップにつながる運動を続けることで、大きく胸を育てるのに役立つでしょう。

 

バストアップに効果的なエクササイズ

豊かなバストで知られるグラビアアイドルが紹介した胸アップの運動を知ることもできます。エクササイズは幅広くありますから、どの方法が続けられるかを考えて胸の辺りの筋肉を増やすようにしてください。何より大切です。胸アップのやり方にも多々ありますが、毎日コツコツ続けることがお金を節約でき、それほど体に負担になるようなこともないでしょう。

 

プチ整形やツボ押しも効果的

しかし、バストアップをすぐにでもしたいとのことならば、プチ整形という方法もあります。費用は高いですが、豊胸になれること間違いなしでしょう。または、バストアップサプリを利用するとよいでしょう。

 

バストアップに有効といわれるツボを、刺激するのもいいのではないでしょうか。だん中や、てんけいや、乳こんと呼ばれるツボがバストアップさせるツボであるとして広く知られています。

 

これらのツボを刺激することによって、血行が良くなるですとか、女性ホルモンがよく分泌されるようになったり、乳腺を発達させたりするといわれていますが、即効性を求めてはいけません。

 

最近では、胸を大きくできないのは、DNAの影響よりも家族間の生活習慣の近さによる原因というのが広く認知されるようになってきています。

 

生活習慣の見直しも

食生活の乱れや運動不足、不規則な睡眠などが、胸が成長することを妨げているのかもしれません。実際に、親子の間でもバストのサイズが違うことは、一般的なことですから、あきらめる必要はありません。もっと大きな胸になったら嬉しいけれど、今更サイズアップは無理だと思っている女性も多くいることでしょう。

 

でも、胸の大きさは遺伝というよりむしろ生活環境による影響が大きいということです。

 

もしプチ整形をしようとしているならその前に、普段の生活を見直してみるべきかもしれません。

 

よくない生活習慣がバストアップを妨げ、胸が大きくならないのかもしれないのです。

 

胸アップ効果抜群といわれる食品では、豆乳が最も有名ではないでしょうか。豆乳には大豆イソフラボンという物質が含まれていて、女性ホルモンと同じように働くという話です。昔と違い、最近は飲みやすい味の豆乳も多く研究開発されていますから、豆乳を積極的に食生活に取り入れるのも効果的でしょう。とはいっても、何事もやりすぎはやめましょう。

 

胸の大きさをアップしようと思ったら湯船につかる習慣をつけてみませんか?湯船につかれば血液の流れがよくなるため、胸に栄養を届けることができます。さらにこの状態でバストアップのためにマッサージを行えばますます効果を望むことができます。

 

お仕事などで忙しい時は、シャワーでバストの辺りをマッサージするだけでも違うでしょう。胸が小さいことで嘆いているなら、筋トレも試す価値があります。というのも筋トレにはバストを支えるための筋肉を作る効果があり、胸を大きく見せられるようになる可能性が高まります。

 

ただ、筋トレだけに頼っていても即胸アップとはいきません。そこで、もっと色々な方向からの試みも継続して行いましょう。心地良い眠りを十分に取ったり、血行不良の解消も心掛けてください。胸を大きくするには毎日の習慣がおおきく左右します。バストが小ぶりな人は知らないうちに、胸が成長するのを妨げてしまうような生活習慣が板についてしまっているのです。胸をおおきくするには、日々の行いを見直してみることが重要です。どんなに胸を大きくさせるために努力しても、日々の行いが邪魔をして効かないこともよくあります。

 

バストアップには腕回しをするのがオススメ出来ます。エクササイズによるバストアップ効果があるものは継続させるのが難しいことが多いですが、気軽に実践できる腕回しなら可能ですよね。肩こりも腕を回すことでほぐれて血行促進にもなりますし、筋肉トレーニングにもなるのではないでしょうか。そうすることで、胸の効果的なボリュームアップにもつながるでしょう。

 

バストが垂れたりしぼんだりするのを防ぐには、ナイトブラを使うことをおすすめします。

 

寝ている間に胸の肉は横へと流れてしまうため、加齢とともにバストのボリュームがなくなっていってしまうため、それを阻止する働きのナイトブラは必須なのです。

 

参考サイト→ナイトブラ 50代